2018年「全体交流会」のご案内

2015 父親ネット全体交流会チラシ今年の「全体交流会」は、2018年10月27日(土)に夕張で開催します。夕張高校を核にした「魅力化プロジェクト」について学びます。夕張高校PTAの皆さんや生徒たち先生たち、地域の方々、行政の方々が知恵を出し合い地域の教育、子どもの未来を考え合った実践をぜひ多くの方々と共有できたらと思っています。

 

「シングルファザー ハンドブック」完成記念交流会を開催します!

この度、「父親ネットワーク北海道」の活動の一環として取り組んできました、父子家庭当事者による「シングルファザー ハンドブック」が完成しました。父子家庭のお父さん3人の様々な経験を中心にまとめた当事者ならではのハンドブックになったと思います。

完成を記念して交流会を開催します。皆さま、ぜひご参加ください。父子家庭のお父さん&お子さん、子育て支援に関心のある方、学生など、どなたでもご参加いただけます。

 

日時:2018年7月21日(土)14:00~16:00

場所:ちえりあ 研修室4(札幌市西区宮の沢1-1 札幌市生涯学習センター)地下鉄東西線宮の沢駅直結

参加費:無料

 

内容は、仕事のこと、家事のこと、子どもの育ちのこと、相談のことの4項目を中心に、すべて実際に経験したことから、大切だと思うことをピックアップしました。また、父子家庭支援の全国団体を立ち上げた仙台市のお父さんのインタビューも掲載しています。交流会では、内容についていくつかご紹介したいと思います。

ハンドブックのキーワードは「経験」と「共感」です。このハンドブックを読むことで、同じ状況にあるお父さんの子育てが少し楽になったり、ほっとしたり、自分だけじゃないと思ってもらえたら幸いです。ハンドブックを架け橋にシングルファザー同士がつながり合い、助け合える社会になればと思っています。当日は、参加された皆さまにハンドブックを配布致します。

※このハンドブックは、北海道社会福祉協議会~「北海道社会福祉総合基金」の助成を受けて作成いたしました。助成により、当事者ならではのどこにもない

完成記念交流会(PDF)

完成記念交流会(PDF)

貴重な冊子が完成したと思います。ありがとうございました。(事務局・吉岡)

父親ネットワーク北海道「全体交流会2017」開催のご案内

2011年の設立集会から6年がたちました。今年も恒例の全体交流会を開催します。今年の会場は新得町です!昨年、新得町での開催を予定していましたが、台風被害により見送ることになりました。大変な被害となり、まだ復旧作業は続いていることと思いますが、新得の皆さんのご厚意で今年は開催の運びとなりました。ありがとうございます。子どもに関わる活動に取り組んでいるお父さん、お母さん、地域の皆さんがつながり合い、元気になることが子どもにとっても喜びになると思っています。今年は十勝の開催ですので、管内、帯広市内のおやじの会の方々もぜひご参加いただければと思っています。多くの皆様のお越しをお待ちしております!!  (事務局 吉岡)

開催日 2017年10月28日(土)

時間  午後2時~4時30分

場所  新得町公民館

※詳細はちらしをクリックしてください。2017全体交流会ちらし 父親ネットワーク北海道「全体交流会」 2017

「設立5周年記念 全体交流会」のご案内

 2011年に「父親ネットワーク北海道」を設立してから5年目を迎えました。一歩一歩すすんできました活動を皆で喜び合おうと思います。2016年12月17日(土)14:00~17:00、会場は北大です。参加費は無料となっております。どなたでも参加いただけます。多くの皆さまの参加をお待ちしております。(詳細は、チラシをクリックしてください)

 

5周年記念全体交流会チラシ

父親ネットワーク北海道 第5回 全体交流会

2015 父親ネット全体交流会チラシ父親ネットワーク北海道 第5回「全体交流会」

 

テーマ「われらは子どもの応援団!子育て・教育から考える元気な地域づくり」

 

日時:2015年8月22日(土)14:00~16:45

会場:北海道大学教育学部3階大会議室

 

プログラム 

1、開会の挨拶  父親ネットワーク北海道 会長 丸山修 

2、活動報告   父親ネットワーク北海道 事務局長 吉岡亜希子 

3、各地の活動報告   苫小牧~「啓北中 オヤジの会OB会」ほか

  (会員)      札 幌~「地域こどもネットワーク みんなの森」ほか

            新 得~「おやじたちの子育て学習会」の取り組み(予定)

            稚 内~7月11日に設立した子育て組織「子育てネット わっかホーム」について ほか

            その他 

4、実践紹介(報告30分、質問タイム10分)

       “さっぽろで一番住みやすいまちへ“が合言葉~ハツキタ商店街の取り組み

         ― 子育て支援、世代間交流、学校連携で元気なまちづくり ― 

        ゲスト (札幌)発寒北商店街振興組合 副理事長 大友 亨さん 

※札幌市西区発寒にある発寒北商店街(ハツキタ商店街)では、子育てや教育、世代間交流などを位置づけながら地域づくり実践を展開しています。子育て応援カフェの運営、子育て世代を応援するイベントの開催、中学生と共に取り組む「トイレ掃除に学ぶ会」、地域の中学校と連携した職場体験の実施、子どもたちが仮装で集う「ハッピーハロウィン」、商店街と地域の小中学校がつながる地域学校連携等など。このほか地域の高齢者を支えるための「コミュニティー施設」を開設し、高齢者向けデイサービスや地域の住民が集い語らいながら食事をとることができるごはんカフェを運営しています。同じ建物で地域住民向けに貸し会議室も開設、住民の学びの場づくりを支えています。商店街が子どもや教育と結びつき、地域全体が元気になっている「ハツキタ商店街」の実践から学びたいと思います! 

5、交流タイム  参加者全員による1分間+αスピーチ~自己紹介、活動紹介、感想など

         (会員以外でご参加いただい方々の活動報告も大歓迎です!)

 

6、閉会の挨拶  父親ネットワーク北海道 副会長 小賀聡

 

                                             

■懇親会

17:30~より 別会場にて懇親会を行います。参加ご希望の方は、事務局 吉岡までお知らせ下さい。連絡先090-3394-5648    samajiq@aol.com

「札幌市子育て支援総合センター」見学会のお誘い

 これから子どもが生まれる予定のお父さん(お母さん)を対象にした「札幌市子育て支援総合センター」見学会を開催致します。乳幼児親子がゆったり過ごしたり、交流したり、子育てについて学ぶことができる場である「札幌市子育て支援総合センター」(札幌市の施設)ですが、子どもが生まれるまでは、利用する機会がなかなかないものです。そこで、出産前に訪問し、子育て情報をしっかり収集すべく、見学会を企画致しました。実は「札幌市子育て支援総合センター」は中央区の中心街に近いため、週末のお父さん&子どもの利用率がとても高い施設なんですよ。ぜひ、一緒に訪問してみませんか?

 日時:2015年6月27日(土曜日)10:30~11:30

 場所:「札幌市子育て支援総合センター」

    札幌市中央区南3条西7丁目

 定員:6名(ご夫婦での参加もOKです)

 費用:無料

 内容:施設の見学、参加者の交流

    「父親ネットワーク北海道」事務局長 吉岡亜希子が同行いたします。

 申し込み:このホームページの「問い合わせ」からお申込みください。受付後、返信致します。

      申し込みの締め切りは、6月15日(月)。

 

「お父さん講座~先輩お父さんから学ぼう!」の報告

DSC_0991

第3回シングルファザー編の様子

報告  父親ネットワーク北海道「お父さん講座」

 

 “先輩お父さんから学ぼう!”というテーマで行ったお父さん講座(3回連続・父親ネットワーク北海道主催)が終了しました。それぞれの講座の様子や学び合った内容を報告致します。お父さんだけでなくお母さんや若者も交えての交流になりました。

 

■第1回(2015年2月1日)は、「乳幼児期編~共働きのお父さんのための学習交流会『どんなふうに子育てと仕事を両立していけばいいの?』」をテーマに行いました。話題提供として札幌市内にある保育所のおやじの会のお父さん3名にお越しいただきました。子育てと仕事の両立のための日々の工夫や仕事観の変化などを率直にお話ししてくださいました。日々の工夫としては、乳児の頃、ぐずる子どもを寝かしつけるのは大変だ・・・という視点だけにとどまると親も苦しくなるので、発想を転換!、自分自身も心地よく過ごせるように少々設備投資?!をしたそうです。高性能なワイヤレスのヘッドホンを購入。子どもをあやしながらお父さんも好きな音楽でリズムを刻み、ぐずる子どもを抱っこしながらスイングする時間に変化させたそうです。ワイヤレスですから、家中どこへ行ってもOK。これは大変良いアイデアでした!とのことでした。

また、仕事の方法も子どもが生まれてから変えました!という経験談も語られました。それまでは「この仕事は自分でなければ」という思いが強く、必ずしも同僚と共有しながらというやり方ではなかったそうです。しかし、子どもが生まれ、共働きを続ける場合、子どもが熱をだせば仕事を切り上げなければなりません。共働きですから母親だけがいつも休むことにはならず、必然的に仕事のやり方を変えていったそうです。いつ自分が休んでも同僚が進捗状況を把握し、フォローできる態勢を構築。上司からの無言のプレッシャーがないわけではないそうですが、その辺りは必要以上に気にしないことも重要とのことでした。

参加したお父さんたちからは、「転勤族なので冬の間、幼児をどのように遊ばせたらいいのかわからない」といった疑問や「妻の求める家事、育児のレベルが高すぎて・・・」といった声も聞かれました。また、育児休業中のお父さんからは、「家事と育児の両立が難しい。子どもの世話をしていると、なかなか家事に手が回らない。皆さんはどのように工夫しているのか?」といった質問もあり、参加者の経験談が語られました。

 

※札幌には転勤族の家庭も多いですが、例えば冬の過ごし方、雪遊びの方法などちょっとしたアドバイスが有効だと思います。しかし、なかなかこういった情報が届きにくい現状があるようです。

また、母親の育児家事の技能と父親のそれとでは慣れていな分差があるようです。妻と同レベルを求められるもののそれにこたえられない夫の苦悩があるようでした。

 

■第2回(2月14日)は、「思春期・青年期編~思春期の子育てを考える学習交流会『父親としての関わり方とは?』」をテーマに行いました。話題提供には、中学生の頃に不登校だった大学生に来ていただきました。父親が教育熱心な家庭で、小学生のころから勉強第一の暮らしだったそうです。父親に対しては尊敬の気持ちはあったものの思春期に入り、なぜ勉強をしなければならないのか?なぜ学校に行かなければならないのか?分からなくなり自宅で考え続ける日々となったようです。その疑問がより深いところまでいき、「何で生きているのか?」ということも考えるようになったそうです。その後、親の転勤や時の経過の中で高校へ進学する意欲が芽生え、大学も合格。今はあのころがあったから今の自分があると思えるようになったと、心情の変化を丁寧にお話ししてくれました。

参加したお父さんたちからは、「不登校というともっと違う理由によるものという思い込みがあった」、「思春期の自分の出し方も昭和の頃とは異なっているのかもしれない。自分が若い頃は、暴走族になったり、麻雀やパチンコなどにはまったりも多かった」という声もありました。また、お父さんの中には「高2の息子とかれこれ1年ぐらい口をきいてもらえない状態です」というお話しも・・・。「時がくれば歩み寄れるのでは・・・と考えている」とのことでしたが、思春期の子育てについて他の家庭ではどうなのか、まったく知る機会もなく、今回のような交流会があればまた参加したいという感想をいただきました。

 

※思春期の子育て課題もさまざまですが、小学校高学年くらいになって哲学的なことを考え始める時、親や学校の先生といった少人数の大人だけでなく、多様なものの見方考え方を語ってくれる年長者が身近にしかも複数存在する必要があるのではないかと考えさせられる交流会でした。

 

■第3回(3月1日)は、「シングルファザー編~シングルファザーのための学習交流会『子育てに関わる情報を交換しよう!』」をテーマに行いました。話題提供として「北海道シングルパパ支援ネットワーク『えぞ父子ネット』代表のお父さんにお越しいただきました。母子の家庭は様々なネットワークがあるけれど父子の家庭は生活に関するネットワークがなく想像以上の困難があるとのことでした。仕事を優先すると→地域での孤立、子育てを優先すると→職場での孤立になることも少なくないそうです。子育てに関する行政の支援や制度を知ることの大切さと助けてといえるネットワークを持っているかどうかがカギとなるとのことでした。シングルファザーになってから、やってみて良かったこともお話ししてくれました。一つ目は幼稚園の茶話会に参加したこと。お母さんたちのネットワークに入れてもらえ、たくさんの情報を共有できたそうです。二つ目は近隣の習い事に子どもを通わせたこと。子どもの年齢が異なる子育て仲間ができ、見通しを持った子育てになったそうです。三つ目はブログを始めたこと。シングルのお父さんをはじめいろいろな人とのつながりができたそうです。

参加されたシングルのお父さんからは、父子家庭になり頼る人、相談する人もなく、海外で子育てをしているみたいな感じになりました・・・という声や行政や市民団体の支援があることをまったく知りませんでした・・・、という声もあがりました。

 

※同じひとり親家庭であっても母子の家庭と父子の家庭では、抱える困難も異なる部分があり、まだまだ支える手が足りないと実感しました。特に父子の家庭は支援の情報がほとんど届いていないケースもあり、窓口を設け待っているだけではいけないといえます。母子の家庭に比べ収入が高く行政の支援制度を利用できない場合もあるようですが、住宅ローンを抱えている家庭などは、決して経済的に楽ではないという声もありました。

 

参加いただいた皆様ありがとうございました。第2弾も企画していけたらと思います。

「お父さん講座」のお知らせ

チラシ

「お父さん講座」チラシ(PDF)

2015年2月~3月に「父親ネットワーク北海道」主催の「お父さん講座」を開催致します。3回連続の講座です。

1回目は、2月1日(日)10時~12時、乳幼児期編「どんなふうに子育てと仕事を両立していけばいいの?」です。話題提供として、現在保育所を利用しているお父さんにお越しいただきます。これから子どもが生まれる方、乳幼児を子育て中の方が主な対象です。先輩お父さんから両立のコツを学んでみませんか?お母さんもどうぞ。

 

2回目は、2月14日(土)10時~12時、思春期・青年期編「父親としての関わり方とは?」です。話題提供として不登校の経験のある大学生と現在中高生を子育て中のお父さんにお越しいただきます。いじめ、不登校など思春期は子育ての中でも難しい時期といわれています。父親としてどのように子どもと関わればいいのでしょうか??

 

3回目は、3月1日(日)10時~12時、シングルファザー編「子育てに関わる情報を交換しよう!」です。話題提供には、北海道シングルパパ支援ネットワーク「えぞ父子ネット」代表をなさっているお父さんにお越しいただきます。シングルパパたちの情報交換と交流を行います。

いずれも会場は、札幌駅北口近くの「札幌市男女共同参画センター」(札幌エルプラザ)北区北8西4です。参加費は1回300円。各回定員15名。申し込みは、ホームページの問い合わせメールフォームからどうぞ!