丸山会長が大学生に向けて講演しました

2013-05-10-01

大学生に講演する丸山会長

 5月10日(金)に、丸山修会長が稚内北星学園大学で講演しました。講演したのは情報メディア学部・地域創造学科の「社会教育計画Ⅰ」という講義で、3年生を中心とした学生12名・教員2名が聴講しました。

 講演内容は、PTA・父親の会の現役時代のエピソードから始まって、OB会、父親ネットワーク北海道の設立へと広がり、多くの”仲間”できていく経緯や具体的な活動等についてです。OB会のスローガンのひとつ「継続は力なり」に込めた思いや、大人が子どもの目線に立って対等に関わることの大切さ、また地域の大人・父親どうしが”つながる”ことの大切さを学生たちに熱く語りました。なかには丸山会長が現役PTA会長の時代に中学生だった学生もいて、当時を思い出しながら熱心にお話を聞いていました。

 講演終了後には、学生たちから「(義務や強制でないのに)自然に人が集まったり、行動していることが印象に残った」「活動している父親たち自身が楽しむことが重要だと思った」「カッコイイお父さんたちだと思った」などの感想が聞かれました。

 大学生は子どもから大人になる転換期にあって、近い将来「父親・母親」になる世代です。こうした世代に、”先輩”としての姿を見せたり、経験や想いを語ったりすることは、将来、私たちの仲間になる”後輩”たちを育てることにつながるのではないでしょうか。そのために、今後もこうした取り組みを続けていきたいですね。(事務局 若原)

2013-05-10-03

学生から質問が出る場面もありました

 

 

新得町交流会感想「自分たちの考えを存分に話し合うことができました」

 

 会場である楓に向かう車中、少々不安にかられていました。
 数日前に送られてきた スケジュール。本当に気軽に飲みに行く気持ちでよいのだろうか?
 かしこまって行かなくては、いけないのでは?
 わざわざ新得まで何をしに来るんだろう?
 何か悪い宗教に勧誘されるのではないだろうか?
 と 様々な考えが、頭をよぎります。
 それは、楓に着いて顔を合わせても変わるものではありません。
 さあ 本分である父親ネットワークにおける活動や意見交換の始まりです。
 事務局の吉岡さんの巧みな仕切りもあり、各地域の様々な活動や事情を知ることができました。
 又 先ほどまでの不安とは裏腹に自分たちの意見や考えを存分に話してしまい
 いつの間にか 熱くなっていたのではないでしょうか・・・・・
 この後の交流会 盛り上がったのは、言うまでも無い話です。
 気軽に飲みに行くでいいんです。かしこまらなくていいんです。新得に飲みに来たんでしょう。
 我々が会を立ち上げた趣旨は、皆さんとあらかた一緒であると実感しました。
 PTA活動で知り合った仲間と 子供が卒業後も まだ飲みたい まだ話したいという気持ちから
 我々は始まっています。
 その後に地域の子供たちになのです。皆さんとは逆なのかもしれませんが、あの場で飲みニケーションの大切さを
 皆さんも話していました。まさにそこです!それが大事だと思います!
 PTAを卒業後繋がりを無くすのではなく、日々 飲みながら話をし、現PTA,、PTA予備軍 また子供たちに助言手助けをで 
 きる存在が父親ネットワークなのかなとも感じました。
 最初の不安もなんのその 楽しい時間、有意義な時間 誠にありがとうございました。
新得中学校 PTA OB OGの会
                                           会長   菊地 浩保  

父親ネット 新得町交流会開催しました!

1月26日(土)、新得町に於いて「父親ネットワーク北海道 新得町交流会」を開催しました。新得のお父さん4名、鹿追1名、苫小牧3名、札幌2名の10名での交流となりました。この日は、道北地方が大荒れの天候で、交通機関は運休、一般道路も閉鎖するなど大変な一日でした。新得町は晴天ですがすがしい日でしたが、稚内から参加を予定していた会員は家から出発することさえできない状況で(大雪で車を出せない!)、苫小牧と札幌の会員の参加となりました。

 交流会は、新得の「スロウイン楓(ふう)」というお宿で開催しました。一日限定一組という宿でしたので、たっぷり時間をかけて交流することができました。前半は、それぞれのグループの実践を報告しあいました。新たに会員として仲間になりました「新得中学校PTA OB・OGの会」の皆さんからは、設立して間もないということもあり、20年以上にわたり活動してきた「苫小牧啓北中学校オヤジの会・OB会」の活動内容に関して、たくさんの質問がありました。特に子どもたちとのスポーツ交流や「本音トーク」という子どもと親の意見交換会について高い関心が寄せられました。今後の活動に今回の実践交流を生かしていただけたらうれしいです。

 2時間の交流会を経て、同じ会場で懇親会を行いました。この日、初めて会ったはず!?と思わせるほど盛会になりました(笑)。話が尽きず、遅くまで語り合いました。大雪で参加できなかった稚内の会員からは、ぜひ、雪のない季節に新得町でもう一度交流会を開催したい!という熱いメッセージをいただきましたので、今年の夏ごろ、再訪することになるかもしれません。

◇                        ◇

 交流会には、宗谷で22年、十勝で10年過ごされてきた鹿追町立瓜幕小学校町村校長先生が応援に駆け付けてくれました。先生からは「宗谷や十勝での経験から共通して思うことは、おやじの会があったり、お母さん・お父さんが協力して関わっている学校は、落ち着きがあり、活発だということ。肌で感じています」という言葉をいただきました。また、瓜幕で行っている山村留学の経験からお母さんやお父さん、地域の方々、教員、行政の人たち皆がつながることの大切さも教えていただきました。

 

 父親ネットの活動を応援してくれている「さっぽろ子育てネットワーク」代表の河野さんも交流会に参加してくれました。河野さんからは新得や苫小牧のお父さんたちの活動について3つの点で評価していただきました。「異年齢、多世代の組織であることの意味があると思います。現役のPTAというのは親の方も近い年齢ですが、OB会であれば異年齢の力を子育て真っ最中の親を支えるという方向につなげていけるのではないかと思うのです。世代をつなげていく意味があると思います。もう一つは、OB会は地域と学校を結んでいくことにつながっていると思います。地域のおじさんとして長くかかわっていける、総合的に見渡していけるようなつながりで地域をみていくことができるように思います。もうひとつは“ノミュニケーション“です。利害関係のないところでつながり、大人にとっても心地の良い居場所になるつながりはとても大事なこと。こういった場を求められているから苫小牧や稚内のOB会は、長く続けていけるのではないかと思います。こうしたつながりが増えていくと地域はもっとよくなるのではないかと思っています」。

◇                       ◇

 長時間にわたり参加してくださった皆さま、本当にありがとうございました。これからも末永くよろしくお願い致します。(事務局 吉岡)

前列左から新得・菊地浩保さん、鹿追・町村俊彦先生、苫小牧・高橋正和さん、札幌・河野和枝さん、後列左から苫小牧・小田修裕さん、新得・中村吉克さん、新得・堀篭光雄さん、新得・伊藤仁浩さん、苫小牧・赤澤稔彦さん、札幌・吉岡亜希子

 

第10回全国おやじサミットinさっぽろに出席しました!

全体会

2012年11月3日(土曜日)に札幌市エルプラザにて、第10回全国おやじサミットが開催されました。父親ネットワーク北海道のメンバーも多数参加し、全国のお父さんたち、お母さんたちと交流を深めました。全国おやじサミットはこれまで西日本で開催されてきたため、東日本では初の開催とのことでした。第1回から第9回までの開催地は、順に香川県、三重県、京都府、鳥取県、広島県、富山県、大分県、兵庫県、熊本県、そして10回目が北海道です。過去の開催地すべてからお父さんたちが駆け付けていました。本当に驚きです。今回の札幌開催の特徴は、なんといっても特別支援学校のお父さんたちがつくるネットワークのメンバーが力を発揮していた点です。札幌市内27校のおやじの会で構成する「札幌おやじネットワーク」と北海道内57校の特別支援学校PTA、おやじの会等で構成される「北海道特別支援学校おやじネットワーク」がつながって開催の日を迎えたとのことです。もうひとつの特徴は、社会問題としてクローズアップされている「いじめ」について、真剣に話し合ったことです。分科会では「おやじの会と地域のつながりについて」や「障がいのある子どもをもつおやじの存在とおやじの会の活動について」、「いじめ 今おやじにできること」などが議論されました。

参加者はよそ350名。そのうちの3分の1が特別支援のお父さん、お母さん、先生方とのことでした。地域を超えてつながりあって、自分の子どもも自分の周りにいる子どもたちもみんなでかわいがっていこうという思いは同じでした。札幌での二つの挑戦~特別支援のお父さんとのコラボレーション、現代的な子育て課題に真正面から取り組み、目を背けない。こういった取り組みが、新しいお父さんたちの子育て文化の創造の一歩になっていくのだと実感しました。

来年の全国おやじサミットは、宮城県で開催です。2013年10月12日~13日、宮城県蔵王自然の家が会場とのことです。今回、全国おやじサミットに参加し、「札幌おやじネットワーク」の皆さんや「北海道特別支援学校おやじネットワーク」の皆さんともつながりができました。ぜひ、来年も交流し、この輪をひろげていきたいと思っています。

特別支援のお父さんたちでつくる北海道のおやじサミット「第9回北海道特別支援学校おやじサミットIn上川(仮称)」も開催予定です。2013年9月ごろ、旭川市が会場です。こちらもぜひご参加ください。

父親ネットワーク北海道事務局長 吉岡

父親ネットワーク北海道「全体交流会」御礼

 

「いじめ」ついて、真剣に語り合いました

 

全体交流会

2012年10月6日、父親ネットワーク北海道「第一回全体交流会」を開催しました。最北の地・稚内市での開催でしたが、苫小牧や札幌から駆け付けてくれた仲間たちによって、熱い議論を交わすことができました。全体交流会での意見交換は、「いじめに対して親としての課題・学校との連携」をテーマに行いました。いじめを苦に、子どもたちが命を絶ってしまうという事件が起こっています。我々大人は、いじめに対し、「しょうがない」、「大人にだっていじめはあるし・・」といったあきらめの気持ちも入りまじり、正面から向き合うことを避けてしまうことがあります。しかし、本当にそれでいいのでしょうか。解決策が簡単にみつかるものではないことは分かっていますが、少なくともいじめの問題から目を背けない姿勢だけは子どもたちに示したいと考え、今回「いじめ」について真正面から議論しました。

 

意見交換1

意見交換2

 

来賓として参加いただきました稚内市教育相談所・平間信雄所長より交流会の感想が寄せられました。我々の思いを汲み取っていただいた感想文は、ぜひ、多くの方々にも読んでいただきたいと思っております。平間先生より了解をいただきましたので、HPで紹介させていただきます。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

10.6父親ネットワーク北海道 全体交流会の感想

稚内市教育相談所 所長 平間信雄

 

1,『大人』に鋭いメスが!

「いじめについて語ることを大人が避けていないだろうか」

「この全体交流会であらゆる角度から話し合ってほしい」と丸山会長が問いかけ、二つの分散会に別れて話し合いが始まりました。

・大人社会が開発したネット社会。犠牲になっている子どもたち。大人が作り替えよう。

・いじめは『ある』という前提で家庭教育をすべき。その内容は『救う勇気』を教えること。

・核家族時代は、権利を主張するが義務を果たさない大人が増えている。

・『逃げる父さん、必死の母さん』これが家庭の実態。愛を育てよう。

・処方箋のない課題だ。幸せの方程式はない。親の日々のふれあいが大切。

大人のあり様、家庭のあり様、学校・地域のあり様に意見が集中しました。

批判や告発ではなく、あるべき方向や活動のあり方を話す父親の方々に感心し、私も真剣に考えることができました。

 

2,『サンマ』のメッセージ

  「大人社会をつくりかえよう。未来ある子どものために大人の立場や信条の違いを乗り越えて、今すぐできるところからはじめよう。」参加者の心が膨らみました。

  共通する心の膨らみは、三つのメッセージでした。

 

①    大人の『仲間』をつくろう。

私たち大人は、出会いや語り合いの勇気を少しずつ育て合う仲間をつくろう。

仲間との響き合いが元気の原動力。

孤立した大人社会から抜けだし、大人同士のつながりで元気を再生しませんか。

 

②    子どもの『空間』をつくりかえよう。

子どもは三つの空間(家庭・学校・地域)で育ちます。

この空間をつくりかえるのが大人の役目。

批判や対立ではなく、連携と共同の取り組みを交流しませんか。

 

③    みんなで『時間』を創ろう。

忙しい世の中です。大人も、ついついサボりたくなります。

時間を創る大人の葛藤が必要。

子どもは懸命に生きています。子どもに負けないためには、子どもの顔が見える『三間の時間』をもっと創りませんか。

 

3.『三間』の運動の広がりを

   日本最北端・稚内で語り合った札幌・苫小牧・稚内のおやじたち。

  「小さな輪から大きな輪へ」~築こう親連携~をテーマに『三間』のネットワークの活動が交流されました。子ども達の成長を温かく見守る環境づくりの運動。それは、おやじネットワークの『三間』の運動であることを学びました。

改めて役員・事務局・参加者の皆様に心から感謝申し上げます。

 

■報告■啓北中オヤジの会OB会・潮中父親の会OB会<稚内交流会>

交流会集合写真2012年7月21日(土)16:00~18:00 に苫小牧・啓北中学校オヤジの会OB会と稚内・潮見が丘中学校父親の会OB会の稚内交流会が開催されました。全道的な父親交流・励まし合いを目指し、総勢21名の親たちが潮見が丘中学校に集合し、語り合いました!昨年の11月12日に稚内・潮見が丘中父親の会OB会が苫小牧・啓北中オヤジの会OB会を訪問し親交を深めました。今回は、苫小牧のオヤジの会OB会が稚内の地を訪ね、お互いの理解を一層深めるために集結したわけです。交流会には、啓北中学校の佐藤校長先生や潮見が丘中学校の白田校長先生、安栄教頭先生にも参加いただき、熱い議論で大いに盛り上がりました。また、来賓として稚内市教育委員会の手島教育長にもお越しいただき、激励していただきました。手島教育長には、札幌で開かれた設立集会にも来ていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。教育委員会からは吉田教育部長をはじめ職員の方にもご出席いただき、大きな励みとなりました。さらに、札幌からさっぽろ子育てネットワーク沢村事務局長も駆けつけてくださいました。皆さん、手弁当で集まって、何時間にもわたり子育て・教育について語り合うのですから、すごい!としか言いようがありません。本当に本当にありがとうございます。

さて、交流会の様子を紹介いたしますと・・・⇒今回は、次の4つのテーマについて語り合いました。  ①OB達ができる親教育とは? ②地域からできる学校支援とは? ③おやじの会をどのように次世代につなげていくか? ④交流会を継続する秘訣は?

OB達ができる親教育については、最初にいまどきの若いお父さんの様子が報告されました。その中で若い世代は人と関わること自体を望まない傾向にあるのではないかという意見や、核家族化、社会環境の変化で群れて遊ぶことがない子ども時代を過ごしたことによる世代の特徴などがだされました。さらに、「種々雑多な人たちが集まるという経験がない世代を仲間に引き入れるのは難しいこと」、「大人同士の仲間づくりということを意識することでつながりをつくれるのではないか」、「若い世代が関わりやすいツールをたくさん用意して、少しでも興味を示してくれるひとがいたら一緒に活動する。そして、それが楽しいなと思ってもらえる態勢をいかにつくるかが大切なのでは」、「先輩親ほど雑用を引き受け、思いやりをもって接していけば、仲間になっていくはず」、「一緒に活動をしていくためには経験も必要。親になってからでももちろん大丈夫だが、子どもの時代から群れて遊ぶこと、一緒に活動するという経験をする機会をつくることも我々の役目なのではないか」といった意見がだされました。

地域からできる学校支援については、まず、子どもたちの育ちに対して何ができるのかについて意見がだされました。「親戚でもないよそのお父さん達と子ども達が接点をもつこと、それ自体が今の時代には大事なこと」、「難しく考えるのではなく、シンプルに親ではない大人達と会う機会をつくることの意味は大きい」、「子ども達と会ったときに挨拶をする、それが人間と人間のふれあいの大切なところ。そこから始まる」。次に地域と学校の関わりについて、「学校で困ったことがあれば、地域にお願いすればいい。学校のためなら地域の誰かが必ず手伝ってくれる。これを続けていくと地域の人から学校に対して、何か困ったことはないかいと聞いてくれるようになるのです」といった意見がだされました。そして、「ひとりひとりの子どもに対して、自分の子どもと同じように愛情をかけて育てていく、それを実感した子どもたちは、大人になってから地域のために力を発揮してくれると思うのです」といった意見がだされました。

苫小牧・啓北中オヤジの会OB会のみなさん

苫小牧・啓北中オヤジの会OB会のみなさん

おやじの会をどのように次世代につなげていくか~そのためにどんな工夫をしていくか?というテーマについては、「とても楽しい活動なので、それを経験できるチャンネルをどう増やしていくかだと思うんです」、「活動の場に来て、体で感じてもらうということが大切」、「大学生や高校生にボランティアで来てもらうのはどうか。将来の父親候補でもあるので、長期計画で」、「会報を出したりしながらやっているが、お母さんたちの協力は大きい。夫への声掛けで入る人も少なくないようだ」、「モノづくりから始めると入りやすいと思う」、「こういう活動に興味のある人は一定数いるのは分かっているのですが、誰かは分からない。一本釣りされるのを待っている人をどう見つけ出すかが課題」等など、様々な意見がでました。が、やはり決定打はありません。それぞれが工夫をしながら地道に取り組むことが必要ですね。

交流会を継続する秘訣は?というテーマでは、何よりも顔と顔が見えるように“会う”ことを大切にしたいということで意見が一致しました。そして、北海道内の様々な地域に出向き、少しずつ仲間を増やしていくことを確認し閉会となりました!

交流会後に行われた懇親会でも熱い熱い子育て談義が続きました・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

<報告>父親ネットワーク北海道事務局長 吉岡

第1回 札幌おやじサミット in新陽小

第1回 札幌おやじサミット 写真2012年2月18日(土)13:30~、札幌市立新陽小学校において「第1回 札幌おやじサミット in新陽小」が開かれました。

我々「父親ネットワーク北海道」からも役員2名が参加しました。
このサミットは、2011年の夏に札幌市内の小・中・高の子どもを持つお父さんたちが集い、立ち上げた「札幌おやじネットワーク」が主催している事業です。
学校や地域の単位を超えて情報交換や交流を深めていくことを目指しているそうです。また、2012年11月3日に「第10回全国おやじサミットin札幌」の開催が決定しており、この大会へ向けた活動のひとつという位置づけでした。会場では、お父さんたちの活動が盛んな福岡市の「おやじの会」の事例発表(福岡市からお父さんがいらしていました)や札幌市内の活動報告が行われました。「札幌おやじネットワーク」では、特別支援学校の「おやじの会」もメンバーに位置づいていました。グループディスカッションでも特別支援学校での父親交流についての報告があり、子育てという営みを真ん中にそれぞれの子育てを熱く語るお父さんの姿がありました。

稚内父親交流会

2012年稚内父親交流会写真2012年1月28日(土)16:00~18:00、稚内市立図書館多目的ホールにて「稚内父親交流会」が開催されました。

「父親ネットワーク北海道」会長の本拠地である稚内で、まずは父親交流の場を!と丸山会長が呼びかけ実現したものです。市内の幼稚園、小学校、中学校からお父さんや先生、地域で子育て活動を行っている住民の方々、およそ30名が参加しました。参加団体活動紹介では、ユニークな取り組みに感心する場面や刺激を受けることも多く、交流することの大切さを実感しました。私も父親ネット事務局長として参加してきました。以下は、当日の感想をまとめ、参加団体へ配布した文章です。(吉岡)


「つながることの楽しさと未来を感じた稚内父親交流会」

父親ネットワーク北海道
事務局長 吉岡亜希子

第1回稚内父親交流会に参加することができ、大変うれしく思っています。団体の報告では、雪中レクやベンチの制作、サマーキャンドル、アイスキャンドルの制作、交通安全の看板づくりなど特色のある活動が紹介されました。どの団体もお父さんたちが楽しみながら取り組んでいる様子が伝わりました。地域のお祭りで行われるボートレースに参加したお父さんたちの発想のユニークさには脱帽しました。上位入賞し、賞金を得て子どもたちの活動に還元したいと大真面目に芝生の上で練習するチーム、惜しくも入賞を逃し涙をのむチームなど、お父さんたちの心意気に感動しました。入賞を決め、誇らしげに集合写真に収まるお父さん達が地域の子育て新聞に掲載されていました。こういった活動をしっかり報告する媒体があることも素晴らしいことと思いました。

各団体に共通していたことは、話し合いながら活動を作り上げていることと堅苦しくないヨコのつながりを大切にしていることだと思います。語り合い、時には?飲みながら、今、子どもに何が必要かを見出して活動を作り上げているのですね。

また、地域の特性を生かした活動を意識されていることも印象的です。町内会の伝統・つながりを大切にしながら活動を作り上げている地域、PTA・育成部・町内会が手を取り合って活動を作り上げている地域、新しくできた地域では学校を拠点に自分たちで組織を立ち上げ活動を作り上げるなど、自分たちの住むところにあった子どもたちのための環境づくりの工夫を確認することができました。

さらに、保・幼・小・中といった子どもの年齢を越えたつながりがある点も稚内の父親の会の特徴だと感じました。現代社会は、子育て文化の伝承が難しいと言われていますが、稚内では子育ての先輩お父さんと若手お父さん、そして先生たちが活動を通して自然に交流できていると思いました。

昨年12月に設立しました「父親ネットワーク北海道」では、子どもたちのために力を合わせがんばるお父さん達の情報交換と励まし合いを目指しています。今回の稚内父親交流会をお手本に父親のネットワークを広げていきたいと思っています。全道各地で行われているお父さんたちの取り組みを掘り起こし、積極的に交流していきたいと思っていますので、稚内の皆さま、今後ともどうぞよろしくお願い致します。